歯周病予防・歯周病治療は幸区鹿島田の歯医者「新川崎グレイス歯科」へ

歯周病予防・歯周病治療(歯周内科・歯周外科)を行っているので歯茎に違和感を感じている方は一度ご相談ください。

歯周病予防・歯周病治療とは?

歯周病は、歯の表面に付着した「プラーク(歯垢)」の中にいる「歯周病菌」が歯と歯肉の間に入り込み、歯を支えている組織(歯ぐきや骨など)に炎症をもたらす感染症です。
日本の成人の80パーセント以上の方がかかっているか、その予備軍といわれています。初期症状がほとんどなく、気付いたときにはかなり進行している場合がありますので注意が必要です。
当院では、歯周病の進行状態に合わせて歯周内科と歯周外科の治療を行っております。

歯周病の進行

歯周病の進行

歯周病予防

日頃からご自身で正しい歯磨きを行って頂き、定期的に歯科医院にて歯石の除去を行うことで歯周病を進行させないようにすることが大切です。
当院では、患者様のお口の状態に合わせたブラッシング指導と、定期検診、専門的なクリーニングで歯周病を予防していきます。

歯周内科

位相差顕微鏡により患者様の歯周ポケット内の細菌を確認して、お薬の服用による除菌と、ポケット内を綺麗にする処置を行い歯周病菌を取り除く治療です。

歯周外科

歯周外科

歯周ポケットが深く、歯周病の進んでしまった部位は歯ブラシだけではポケットの奥深くにいる歯周病菌を取り除けないため※プラークコントロールが出来ません。
そこで、麻酔をして歯茎を1度開き、歯の根に付いている歯周病菌と歯石を完全に除去して、綺麗な状態にします。

※プラークコントロール・・・歯に付着したプラーク(歯垢)の量を減らすこと。


また歯周病で骨が溶けて下がった方も、骨を再生する方法があります。

PRFによる骨の再生

採血をさせていただいた血液を遠心分離機かけ、血漿と血小板を濃縮してゲル状に固めてPRFを作ります。
骨が無くなった部位にPRFと人工骨を混ぜて填入することにより骨を再生することが可能になります。(PRFは軟組織の治癒と骨造成を早める効果があります。)
症例によっては難しい事もありますのでご相談ください。

エムドゲイン®による骨の再生

エムドゲイン®ゲルという歯周組織再生誘導剤を使用して骨を再生します。
エムドゲイン®ゲルの主成分は子供の頃、歯が生えてくるときに重要な働きをするといわれているたんぱく質の一種です。 組織が失われてしまった部分に塗布することで、歯が生える過程に似た環境が再現され、歯肉や骨の再生を促し、歯周組織を健康的な状態へと導きます。

エムドゲイン®の治療の流れ
  1. 治療の流れ①

    治療をする部分の歯肉を切開し、歯石などの除去を行います(歯周外科治療)。

  2. 治療の流れ②

    除去してできた空間に、エムドゲイン®ゲルを塗布します。

  3. 治療の流れ③

    傷口を縫合します。エムドゲイン®ゲルが歯周組織の再生を促し、歯肉が正しい状態に再生され、健康な状態に近い歯肉に戻ります。

日頃からお口の中を気にするようにして、もしこのような症状がひとつでもある方は、お早めに受診していただくことをおすすめ致します。

歯周病の症状